トレーニング中の汗対策におすすめアクセ、サンバイザー

トレーニング中の汗対策におすすめアクセ、サンバイザー

暑い時期になってくると

トレーニング時の汗の量が増えますし、
更にフィットネスクラブに着くだけで汗がでるので、
トレーニングの序盤から汗が流れ出ることもあります( ̄へ ̄A)

動いている最中に汗が目に入りそうになったり、
入ったりするのは危なかったりするので、
σ( ̄ω ̄)は汗を大量にかく時期にはサンバイザーを着用することにしています。

サンバイザーと聞くとゴルフやテニスなど、
外で行うスポーツの際に着用されていることが多いですが、
室内でのトレーニングでも結構良いですよ。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Kenji Nakashima (@kenjiusjp0728) on

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Kenji Nakashima (@kenjiusjp0728) on

*σ( ̄ω ̄)のインスタより

サンバイザーのメリット

着用している目的としては主に:

  • 汗止め
  • 集中力UP

です。

汗止め

トレーニング中は汗が流れても拭くことができません。
特にスクワットやデッドリフトといった
身体の殆どの筋肉を使用する種目に関しては
汗の量はかなりでてきます。

σ( ̄ω ̄)がトレーニングしている場所は梅雨の時期になると
室内の湿度も上がってしまうのでなおさらです。

そこで目に入らないようにしていることと、
なるべく床に汗を撒き散らかさないようにということで着用しています。
完全に防ぐことはできませんが着用していないよりはかなり防げます。

集中力UP

これはキャップ(帽子)を被っている方も同様の理由かもしれませんが、
視線を制限することで集中力UPに繋がります

トレーニング中はなるべく自分の動きに集中したほうが、
トレーニング効果やケガ防止に繋がっていると思います。

また、トレーニング中周りが気になって気が散りやすい
という方にもおススメです。
特に視野の広い方は色んなものが目に入ってきてしまいますからね。
敢えて視野を狭めて周辺に気が散らないようにするのも対策のひとつです。

キャップ(帽子)じゃダメ??

もちろんそんなことはありません。
キャップにも上記で述べたような効果もありますし、
オシャレとして好んで着用している方もいますしね。

σ( ̄ω ̄)も最初はキャップを着用していましたが、
汗で蒸れて痒くなってしまうのでサンバイザーにしました( ̄∀ ̄A)

キャップにするかサンバイザーにするかは好みで選択してください。

サンバイザーの手入れ方法


サンバイザーはトレーニング後は汗で結構濡れますから
すぐに洗濯できない方はトレーニングが終わったら消臭スプレーはした方がいいです。

洗濯を行う際に関しては、製品にもよりますが、
マジックテープがついてたりするので、
他の洗濯物にくっついて傷まないようにするために。
洗濯時にはなるべくネットにいれて洗ってください。

終わりに

これから暑い時期になってきますから、
汗が気になる方はぜひサンバイザーを着用してみてはいかがでしょうか?

また季節関係なく自身のトレーニングに集中したい!
という方にもおススメです。

もっとフィットネスアパレルにサンバイザーがでてくると、
σ( ̄ω ̄)としては嬉しいですね

ぜひおためしあれ( ̄ω ̄)b

ちなみに本日のトレーニングはオフです。

パーソナルのお問合せは

トレーニングカテゴリの最新記事