日サロの将来を考えてみた

日サロの将来を考えてみた

日焼けはコンテストに出場するなら必須ですが、

それには日サロで焼くのが主流でしょう。(あと天サロね)
しかし、日サロ店舗が将来増えるかという点については
増えるどころか今後は減るだろうなと感じていましたが、
やはり減りそうな感じがします。

日焼けサロンの店舗は増えた??

4年前には何年後かには日サロ利用者が増えて以前は予約不要だったですが、
現在のコンテストの発展は目覚ましいものがあり、
コンテストを主催する団体、参加人数の数は急増しました。
ならば日サロの需要も増えるはずだし予約入れないと
使いたい時に使えなくなるな、と感じたのはその通りになりましたが、
じゃあ店舗が増えるか、と思うと増えていません。
むしろσ( ̄ω ̄)の近くは減っています。
コンテストに出場される方でしたら、
日サロ、GGかボディビルジムに置いてあるような強いマシンは必須ですから、
それらが増えてくれないと。
大手のフィットネスクラブのでは厳しいですしね。

コンテストの国際化

ここ2,3年の日本人選手の海外コンテストにおける活躍をご存知の方も多いと思いますが、
プロカードを求めて海外で開催されるコンテストに出る方も増え、
日本で開催されるコンテストに海外の選手の出場数は増えています。
海外選手は肌のことがあって日焼けしない(できない)選手もいますから、
その選手達が参加するコンテストが今後増加するのであれば、
少しずつ今のカラーリング規制が緩くなるのでは、と思います。
『カラーリング』とは日焼けしたように見せる肌に塗るスプレーです。
ドリームタンとかジャンタナが広く知られています。

日焼けとコスト面

カラーリングにかかる費用は約2,3万前後。
日サロに通って黒くしていくには人や時期にもよりますが
大体3ヵ月は使いますからその間にかかる費用は軽くその額を超えますし、
また日サロを利用している時間を考慮すると、
カラーリング可能なコンテストでしたらそっちを選ぶと思います。
大会間近の日サロは疲れるしねぇ( ̄ω ̄A)

日焼けと美容面

日焼けとなると肌の問題(主にシミ、そばかす)がでてきます。
σ( ̄ω ̄)は肌が乾燥するので頻繁にボディクリームとか塗って保湿してましたなぁ。
またσ( ̄ω ̄)の場合は焼いても問題なかったのですが、
仕事柄や肌の症状の問題であまり焼けない方はいますし、
カラーリング(日焼け)クリームやスプレーが去年辺りからでてきており、


created by Rinker
¥3,600 (2020/07/10 22:33:23時点 楽天市場調べ-詳細)

コンテスト主催団体もカラーリングはダメでも、
『○○のメーカーの製品なら使用可』と徐々に変わっている点が、
将来の日サロ使用頻度の減少を招きそうです。

とまぁ、いくつか挙げましたが、
現状はまだ日サロ通いの出場者が多いはずだと思うので、
日サロが無くなることはまだないはずですが、利用頻度は減少していくと思っています。
併せて外で焼く方(天サロ)は下記のサイトを参考にしてください。

果たして3年後は・・・r( ̄  ̄ )

ちなみに本日のトレーニングは胸、背中→腕でした。

パーソナルのお問合せは

コンディショニングカテゴリの最新記事