夏に向けてのダイエット。また来年もやりたいですか?

夏に向けてのダイエット。また来年もやりたいですか?

『夏に向けてのダイエット』
順調に進んでいますか?

それぞれいつまでダイエットをやるという目標(ゴール)を設定していることでしょうが、
それが終わったらダイエットはもう終わりでしょうか?

まだ途中の方もいらっしゃることと思いますが、
もし、

  • 毎年この時期にダイエットをしている
  • 夏に限らず年明けや健康診断前にもやっている

という方はぜひ読んで頂きたいです。

成功した方法が次回も使えるとは限らない

成功した方法が次回も使えるとは限らない今回はどのような方法でダイエットを実践されたでしょうか?
大抵の場合、体重減少を目的とした『減量』だと思います。
今はネットで検索すると迷うほど様々な選択肢がでてきますね。

その方法は続けられるものでしたか?
ちなみに少なくとも2週間以上続けられない方法は
自分に合っている方法ではありません。

もしそれが自分にやり易かった方法であった場合、
また次回にまた必要な時に実践しようと思うかもしれませんが、
次回実践する時は恐らく思うようにいかないかも知れません。

そうならない為にも『筋トレの継続』
『自分なりの食事調整法を見つける』ことがカギとなります。

筋トレの継続の必要性

筋トレの継続の必要性筋肉は何もしていないと20代半ばぐらいから年々減り始めます
こうなってしまうと基礎代謝は減少してしまうので、
いつもと同じ食事をしていたとしてもオーバーカロリー(カロリーの摂りすぎ)
となり、体重増加の原因になってしまいます。

もし同じ体重になったとしても筋肉量が減ってしまっていては
体脂肪量が多いということになり見た目も違うものになります。

特に運動なし、食事制限のみでダイエット(減量)を行った場合、
運動ありの場合より筋肉量が減少しやすくなってしまいますので要注意です。

これを避ける唯一の方法が『筋トレ』です。

筋トレを行えば筋量の減少を食い止めるまたは増やすことは可能ですし、
筋トレを行うことにより身体はより栄養が必要とするので食事量を増やすことも可能になります。

自分なりの食事調整法を見つけよう

自分なりの食事調整法を見つけよう普段は食事に気を遣っていても、たまには〇〇食べたいなぁというのもありますよね。
他にも仕事やプライベートで普段より食べたり飲んだりする事があるはずです。

そういった際に後で食べたことに罪悪感を感じるよりは、
思いっきり食事を楽しみたいですよね?

それを可能にするのも先ほど述べた筋トレと併せて、
『自分なりの食事調整法』があるといいですね。

なるべく極端に食事を抜くとか〇〇だけで過ごすといったことをせずに
どのような食事を摂れば楽に、ストレスなくできるか色々試して見つけていきましょう。

それを可能にするのは『日々の食事内容を知っておく』こと。
できればカロリーやタンパク質量等が分かるように記録することをオススメします。

終わりに

終わりにさて、もう一度:

  • 毎年この時期にダイエットをしている
  • 夏に限らず年明けや健康診断前にもやっている

方に聞きますが、

『またやりたいですか?』

もしそれに対してNOだったり次回はもう少し楽にしたいと思うのであれば、
緩くてもいいので『筋トレ』の継続と『自分なりの食事調整法を見つける』というのを
行って欲しいですね。

ちなみにσ( ̄ω ̄)のは脚A→カーフでした。

パーソナルのお問合せは