温かいプロテインを飲む方法

温かいプロテインを飲む方法

寒い日が続いてますね。

そういった日々でもプロテインを習慣的に摂っている方は多いと思います。
そのプロテインを飲む際、
シェイカーに常温か冷たい水で混ぜることが多いと思いますが、
自宅でプロテインを飲む際、”温かい状態”で飲めないのか??
という質問を頂きます。

答えとしては『飲めます』( ̄ω ̄)b

とはいえお湯の温度は気をつけないといけません。
プロテインパウダーをシェイカーで混ぜることが多いと思いますが、
シェイカーの各パーツの耐熱温度を考えると
容器に入れられる温度は大体50℃ぐらいまでです( ̄ω ̄)b
細かい耐熱温度については購入時にラベルやタグを確認してください

もし、コーヒーや温かいお茶を淹れる時のような温度で飲みたい場合は、
手間がかかりますが、一旦シェイク(混ぜる)してから鍋で温めることになりますが、
ホットミルクを作るときと同じぐらいの温度(60℃弱)にするのがオススメです。
それ以上温度を上げるとたんぱく質成分が固まり始めます。
(卵の白身が固まるのと同じ現象です)

よく○○が壊れるから温かいのはNG!というのもありますが、
“たんぱく質を摂る”点に関しては問題ないです。
むしろ問題あったら、実際火を通して調理する卵や肉に魚、
プロテインスイーツはどうなるんだ?
ということになりますからね( ̄ω ̄)

温度調節が少々シビアですが温かい状態で飲めなくはないので、
試してみてはいかがでしょうか?

ちなみに本日のトレーニングはオフです。

パーソナルのお問合せは

サプリメントカテゴリの最新記事