三頭をメインに、そしてヘビーに

三頭をメインに、そしてヘビーに

上腕三頭筋(二の腕)のトレーニングは、

腕の日、または三頭の日(つまりトレーニングする日)
というのを作っていると思いますが、
上腕の部分ということもあり他の部位の後に持ってきたり、
他の日に胸や肩のトレーニングでプレス系を行うことで、
イマイチ疲労が抜けきれない中で行っている方がいるのも珍しくなかったりします。

三頭もたまにはフレッシュな状態(疲労が少ない状態)で
ヘビーにトレーニングするのも三頭をより発達していく為だけでなく、
三頭が補助的な役割として使われるプレス系
(ベンチプレスやショルダープレス等)
を伸ばしていく為にも必要だと思いますよd( ̄ω ̄)z

ではどのようにメニュー作成すればいいのでしょうか?

三頭を一番最初に

トレーニングメニューの基本は
『大きな筋肉から小さな筋肉へ』というのがありますが、
もし自分自身が強化したい部位が三頭である場合、
どうしても後になってしまいますね。

もし胸→三頭、背中→三頭、肩→三頭といった
三頭のトレーニングがどこかしらの部位の後に来るようでしたら、
一番最初に三頭のトレーニングを持ってきます。

プレス系は避ける、または後半に

この方法は三頭をトレーニングする日のみでなく、
現在回しているルーティーンの中で実施する種目も変えます。
胸トレでプレス系(ベンチプレス、ダンベルプレス)をしない方はほとんどいないと思いますが、
この種目を中心にするのではなく、
胸ならフライ系肩ならレイズ系を中心にして、
プレス系を入れる場合は後半に行うといった内容にします。
そうすることで極力三頭への疲労を溜めずにいくということです。

終わりに

たまには一回りするルーティンの中で今回ご紹介した内容で実施してみてはいかがでしょうか?
週2回以上トレーニングを定期的に実施している方でしたら、
1週間ぐらいこういったトレーニングに代えたとしてもそう大きな影響はでないはずですよ。

ちなみに昨日のトレーニングは背中B→僧帽→肩(リア)→腹筋でした。

パーソナルのお問合せは

トレーニングカテゴリの最新記事