チョコをダイエットの味方に

2018年も早いもので1ヵ月が終わりました。

そして2月に入り、バレンタインの文字、
そしてチョコレート商品を目に付くようになりました( ̄ω ̄)
チョコ好きなσ( ̄ω ̄)には見ていても楽しい時期です。

チョコレートに含まれる主な成分

チョコに含まれる成分は主に:

  • ポリフェノール(抗酸化作用)
  • 集中力、気力UP
  • 自律神経を調整する、リラックス効果作用
  • 主にビタミンE、カルシウム、マグネシウム、亜鉛といったビタミン/ミネラル

が挙げられます( ̄ω ̄)b
特にポリフェノールはよく聞くと思います。
トレーニングしている方にとってはありがたい成分が含まれてますね( ̄ω ̄)

チョコレート選びに関して

上記だけをみればチョコって良いじゃないと思いますが、
チョコレートは大抵脂質、糖類を混ぜて作るのでいくら食べてもいいものではないです( ̄ω ̄A)
特にダイエットしているのであれば
必ず数値が書いてあるものを選ぶことが大事です。
チョコレート製品にはカカオ含有率というのが書いてある物を選択。
”70%以上”がオススメ( ̄ω ̄)b

明治 チョコレート効果カカオ72%大容量ボックス 1kg

新品価格
¥3,582から
(2019/4/17 00:13時点)

大東カカオ スペリオール タンブル 1kg (カカオ分75%)

新品価格
¥2,215から
(2019/4/17 00:13時点)


記入がなく、『ブラックチョコ』だとか『ダークチョコ』と書いてある商品がありますが、
カカオ含有率の低いミルクチョコとほとんど変わらなかったりしますのでご注意を。

カカオ含有率が高いものは苦いから苦手、という方もいますが、
徐々にカカオ含有率が高いものに代えつつ食べていけば慣れますよ。
ぜひお試しを( ̄ω ̄)b

食べる量は??

あとは食べすぎない事。
大体になりますが多くても50gまでですね。
もちろん他の食事都合にもよります。

ちなみに本日のトレーニングは胸、背中、腕でした。

パーソナルのお問合せは

ダイエットカテゴリの最新記事