これからの時期の水分補給に塩を

これからの時期の水分補給に塩を

気温の変化が激しいですが、

気温が高い日のトレーニング時に汗がでるようになってきたことと思います。

さて、そろそろトレーニング中盤から後半に向けてのパフォーマンス維持のために
イントラドリンク(運動中に飲むドリンク)に塩を入れるか検討してもいい時期です。

なぜ塩??

『汗をかいたら水分だけでなく塩分も』
というのは聞いたことありますよね?
その為ですd( ̄ω ̄)z

塩分不足になると運動パフォーマンスが下がりますから、
トレーニング効果も同時に下がってしまいます。
コンテストに出られる方は塩分摂取を減らしたりしますから、
なおさら気をつけたい所です。
参考記事:


あとは自宅、または職場からフィットネスクラブへの移動時にも
結構汗をかくという方にもおススメです。
σ( ̄ω ̄)の場合、自宅から最寄りのフィットネスクラブへは自転車で15分。
真夏は移動だけでかなりの汗がでます( ̄Д ̄A)

スポーツドリンクじゃないとダメ?

答えとしては『良いですよ』
です。
じゃあ、塩要らないよね?と思うかもしれませんが、
殆どのハードにトレーニングされているトレーニーは
様々な味がついたアミノ酸飲料を飲まれています。

例えばXTENDや、

最近流行りのPurple Wrath等々。

それらとスポーツドリンクが合わないなら『塩』です。

どれぐらいの量がいいか

一つまみで十分だと思います。
あとは細かい粒子のタイプで。
粗塩なんて溶けるのに時間がかかりますからね。

あとはトレーニング時に脱力感が急にでないかなど、
様子を見ながら調節してください。

あと、水分は遠慮せずこまめにd( ̄ω ̄)z

ちなみに本日のトレーニングは脚A→カーフでした。

パーソナルのお問合せは

食事・栄養カテゴリの最新記事