少しでも調子の波を小さくする為に

トレーニングをしていれば調子が良い時があれば悪いときもある

でもその差は小さくしておきたいもの。
でないと調子がよくない時のトレーニングが勿体ない( ̄へ ̄A)

その差を少しでも小さくするには
『普段のライフスタイルを覚えて(記録して)おき、
調子の良い時と悪い時を比較すること』ですd( ̄ω ̄)
σ( ̄ω ̄)の場合だと比較するのは

  1. 睡眠時間
  2. 食事のタイミング、食事内容
  3. どう過ごしていたか

これら3点を大体前日ぐらいまでさかのぼってデータを取ります( ̄ω ̄).。○
そうすると大体良い時のパターンと悪い時のパターンがでてきます。
それが出てきたら、あとは悪い時のパターンになってしまう時に
どれだけ良い時のパターンに近づけれるか?
ということになってきます( ̄ω ̄)b

σ( ̄ω ̄)はトレーニングする12時間前からは少なくとも上記3点を
少しでも良い時のパターンに持っていけるように調整しています。
上手くいくかどうかは色々試してみて探っていくことになりますが、
それの積み重ねによって少しずつ調子の波は小さくできているかな?
とは思います( ̄ω ̄)

貴重な1回のトレーニングを無駄にしないためにも。

ちなみに本日のトレーニングは脚、肩でした。

パーソナルのお問合せは

トレーニングカテゴリの最新記事