この夏はマッスルギャップをアピールしよう

少しずつ暖かくなってきましたが

そうなってくると肌の露出があがり、
人によっては『筋肉触らせて!(゜∀゜)』
という方がでてくることと思います。
TVでは腹筋か二頭筋でよくある、
触って硬い印象を与えるシーンがありますが、
ここは敢えて柔らかい部分も見せて
意外性を持たせる(マッスルギャップ)のは如何でしょう?( ̄∀ ̄)

こういうのって自身の筋トレの為にも大事だったりするんですよ。

そもそも柔らかくないと

ケガのリスクは高まりますし、
そもそもその部位のトレーニングをしても、
可動域が狭かったり、他の部位へ刺激が分散しやすくなって、
効果が出づらかったりしてきます。d( ̄へ ̄)

力を入れても入れなくても筋肉の硬さが変わらない場合は要注意です。

ではどう柔らかくする?

自分自身でできることと言えば、主に
・ストレッチする
・筋肉をほぐす
となりますが、
σ( ̄ω ̄)としてはオススメはストレッチよりほぐすことです。
効率を考えると大体この2つがいいですね。

以前にもこの点については触れています


あとはマッサージを受けるのもありですね。
店選びのポイントとしてちゃんとほぐしたいという点を考えると
σ( ̄ω ̄)としてはリラクゼーション寄りのはあまりお勧めしません。

後はマッスルコントロール

筋肉の状態、動きをよくしたらあとはマッスルコントロールですね。
よく見る胸をピクピク動かすあれですね。
他にはな〇やま〇んに君の筋肉ルーレットがいい例でしょうか。

こういうのもあります→MascleMania Pro: Chulsoonのダンス
動画序盤の右の太腿に注目です。

マッスルコントロールを効かせるようにするには
筋肉の部位によっては時間がかかるかもしれませんが、
それでもできるようになれば効かせたい所に効かせる、
つまりトレーニング効果が上がります。
コンテストに出られる方は必須ですよね。

終わりに

力を入れれば筋肉は硬くなりますが、抜けば柔らかい。
そんな筋肉ギャップをこの夏はアピールしては如何でしょうか。

今年はいつもと違う夏を、なんてね( ̄ω ̄)

ちなみに本日のトレーニングは肩(フロント)→三頭→前腕でした。

パーソナルのお問合せは

コンディショニングカテゴリの最新記事