『プロテインは太る』はもう古い

『プロテインは太る』はもう古い

プロテインを初めてとる、

または飲み始めた頃の方に頂く疑問、
『プロテインは”太る”と聞いたことがあるのですが・・・』という言葉。

習慣的にプロテインを飲んでいる方からすれば
そんなことはないことはご存じだとは思いますが、
今も結構そういうイメージを多く持たれています。

ハッキリ言ってプロテイン1杯飲んだから太るなんて『そんなことはない』ですから、
今回の記事を期にそのイメージを少しでも払拭できるとうれしいですね。

なぜ太ると思われているのか?

σ( ̄ω ̄)が知る所ではその理由は主に2つ。
-20年以上前ぐらいのプロテインの印象を持っている
-1日の食事を把握していない
という点でした。

20年以上前ぐらいのプロテインの印象を持っている

以前のプロテインは1杯辺りのカロリーが高かった(500kcalオーバー)
製品が多く、その時の印象で『プロテイン=太る』というのがあるようです。
特に年配の方から多く聞きます。

1日の食事を把握していない

プロテイン(たんぱく質)はもちろんカロリーを含んでいます。(1g=4kcal)
プロテイン1杯がどれぐらいのカロリーを摂ることになるのかは後ほどお話ししますが、
プロテインを含む1日の食事を把握していないと実はカロリー過多となっていることも。

『摂取カロリー>消費カロリー』であれば太る可能性が高くなりますから、
特に運動習慣がない方が普段の食事にプロテインを追加した場合、
そうなる可能性がでてしまうでしょうね。

まずプロテインの成分を知ろう

主な現在のプロテインの成分表を見て頂くと、
1杯でタンパク質を20g摂ろうとすると商品によりますが、
大体100~130kcalになります。(水で混ぜた場合)

さてこのカロリーを摂取することで太る所まで至るでしょうか?r( ̄へ ̄)
それぐらいのカロリー量でしたら、
お菓子や揚げた調理法を避ければプロテイン1杯分ぐらいのカロリーは簡単に調整できるはずです。
むしろそういうのを摂る代わりにプロテイン飲んだ方がよっぽどいいですよ。

MRPタイプは要注意

プロテインは製法や使用する成分が多いので、
それを全て今回の記事で紹介はしきれませんが、
『MRPタイプ』には摂取に気を付けて頂きたいです。

MRP(Meal Re-Placement)の略で、
『食事代わり』ということなので、
1回分でそれなりのカロリー、栄養が摂れるように作られています。

ですので食事と一緒にMRPタイプも飲むとなるとカロリー過多になりやすいです。
もちろんそれを狙うなら話は別です。

終わりに

最近は通販はもちろん、ドラッグストアやスーパーでも
プロテインを置いてある店舗が増えてきました。
今回の記事をきっかけに『プロテインは太る』というイメージを
一人でもなくなるとうれしいですね( ̄∀ ̄)

もちろん様々な種類がありますから何を買えばいいのか?
と疑問に思うようでしたらご相談ください( ̄ω ̄)b

パーソナルのお問合せは

サプリメントカテゴリの最新記事