苦手な部位を克服するために

トレーニングを長く継続していると

得意な種目、苦手な種目、
(ここでいう得意/苦手というのは効かせる事が得意/苦手かという点においてです)よく発達する部位、やや遅い部位があると思います。
苦手だったり発達が遅い(改善したい)と感じる部位においてはトレーニングをしていても
効かせるのが苦手であることも多いです。

そういう部位こそなんとかしようと色々試行錯誤するわけですが、
克服するための方法の一つとして
その部位に力が入れられるか?
ようはマッスルコントロールが効くか?というのがありますd( ̄ω ̄)
マッスルコントロールとは自分の意のままに対象の筋肉に力をいれたり、抜いたりできるか、ということですこれには練習が必要ですが
これができるようになるメリットは大きいですよ~( ̄∀ ̄)

もし部位によって今はうまくできなかったとしても、
この位置なら力が入る、負荷が乗っているのがわかる
というのがあればそのポイントからスタートするというのも良いですよ。
σ( ̄ω ̄)はトレーニング時にそうしています。

マッスルコントロール、という面においては
コンテスト出場される方はポージングセミナーを受けていたり、
練習をしているので苦手克服するのは早いかもしれません。
ポージング一つとっても普段のトレーニング種目から構成されているので
ポージングを知ることで普段のトレーニングに応用できる、
というメリットがありますからねd( ̄ω ̄)
同時に得意/苦手な種目もわかりますし、それが講師にはバレます( ̄ω ̄A)


ポージングレッスンはコンテストに出場でない方でも参加を募っていたりしていますから
参加するのもいいですよ( ̄ω ̄)b

苦手を得意に変えてしまいましょう( ̄ω ̄)ノ

ちなみに本日のトレーニングは背中、胸→腕でした。

パーソナルのお問合せは

トレーニングカテゴリの最新記事